キリスト教式の流れ~カトリック編~/しんあい葬祭(東京都/大阪府)

しんあい葬祭(東京都/大阪府)|キリスト教式の流れ~カトリック編~

  1. HOME >
  2. 葬儀、葬式 >
  3. キリスト教式の流れ~カトリック編~
キリスト教式の流れ~カトリック編~

キリスト教形式のお葬儀は知識・経験のある方が少ないため、不安な方も多いかと思われます。「キリスト教」と一括りに言ってしまっても、宗派に応じてお葬儀の進め方は異なります。こちらでは、キリスト教のカトリックの葬儀についてご紹介いたします。

カトリックの場合は亡くなってから一連の流れが始まるのではなく、亡くなる前の危篤の状態から神父さんをお呼びします。

そして、臨終の前から立ち会っていただき、その場で旅立ちが安らかであることを願い、額などに油を塗ります。これはその生前の罪について許しを乞う行為と言われています。

次に、「聖体拝領」という儀式が行われます。これは最後の晩餐としてパンとワインを与えるもので、その後にご遺体を移動することになります。

そして棺にご遺体を納める納棺を行い、棺を生花で埋めるという形になります。

次に、お通夜と葬儀についてご説明いたします。
まず、お通夜に関しては特に定めはありませんが、神父とともに歌を歌い、聖書を朗読するかたちが一般的となっています。
そして、葬儀については、入堂聖歌・開式の辞・葬儀のミサの順で行われます。ミサは言葉の典礼と感謝の典礼が行われます。

このうち、言葉の典礼は神父が聖書の朗読を指し、感謝の典礼はご遺族がパンとワインをささげ、神父が参列者に分けるというものになります。
そして出棺式をして、最後の別れを告げ、その際献花をします。

キリスト教の基本は土葬ですが、日本では火葬になります。
そして逝去後3日目・7日目・30日目には追悼ミサを行い、その後は毎年命日に行います。

しんあい葬祭では、皆様と故人様の大切な時間がよりよいものになりますよう、精一杯のお手伝いをさせていただいております。葬儀は作法や費用などの分かりづらいことが多く、迷ってしまわれる方は少なくありません。
「キリスト教の葬儀の進め方がわからない。」といった皆様のお悩みを、まずはお気軽にお問い合わせください。
これまで数多くの方々の葬儀のお悩みに向き合ってきた葬儀のプロが、皆様の疑問を解決し、より良い葬儀の実現をお手伝いさせていただきます。

しんあい葬祭が提供する葬儀・葬式の基礎知識と事例
  • 自宅葬とは自宅葬とは

    自宅葬とは、自宅のリビングや大広間をお葬式の会場として利用し、執り...

  • 火葬 流れ火葬 流れ

    火葬は通夜や葬儀・告別式などの儀式がなく、火葬のみのお葬式となるた...

  • 一日葬とは一日葬とは

    一日葬とは、通常2~3日かけて執り行なわれるお葬式の日程を一日に短...

  • 故人の孫が弔辞・挨拶を読む場合故人の孫が弔辞・挨...

    お葬式にて故人のお孫さんが弔辞・挨拶をするときについて見ていきます...

  • 枕飾り枕飾り

    枕飾りとは、通夜が始まるまでご遺体のそばにおいておく簡易な祭壇です...

  • 後飾り後飾り

    後飾りとは、四十九日法要や埋葬の日まで遺骨を安置するための祭壇です...

  • 大阪府 葬式 事前相談大阪府 葬式 事前相談

    大阪府のお葬式には独特の風習があり、香典袋に黄色と白の水引を用いた...

  • 終活ノート(エンディングノート)の書き方終活ノート(エンデ...

    「エンディングノート」、あるいは「終活ノート」という単語は最近、T...

  • 家族葬とは家族葬とは

    家族葬とは、故人のご家族を中心にごく限られた身内だけで執り行なうお...

キリスト教式の流れ~カトリック編~|しんあい葬祭(東京都/大阪府)

ページトップへ