取扱業務・取り扱い分野/しんあい葬祭(東京都/大阪府)

しんあい葬祭 /家族葬、自宅葬、一般葬、一日葬、火葬式

  1. HOME >
  2. 取扱業務
しんあい葬祭の取扱業務
家族葬
家族葬とは、故人のご家族を中心にごく限られた身内だけで執り行なうお葬式です。参列者の人数は10人~40人程度のことがほとんどで、通常のお葬式の流れに沿って執り行ないます。喪主側にとっては、一般葬などよりも参列者ひとりひとりへの挨拶やお礼など準備の手間を省き、負担を少しでも軽減できることがメリットになります。また、斎場の広さを小さくできるため、費用的な面でも負担を軽減することができ、その分お仏壇の購入費用や後の法事にかかる費用に充てることができます。
自宅葬
自宅葬とは、自宅のリビングや大広間をお葬式の会場として利用し、執り行なうお葬式です。数十名の参列者が見込まれる自宅葬を執り行なう場合は、自宅をある程度片づけ、前日から葬儀社のスタッフや近所の方と協力して葬儀会場のセッティングをしなければならないため準備が大変ですが、自宅だからこそ演出できる「あたたかみ」で故人をお見送りすることができるので根強い人気があります。
一般葬
一般葬とは、その名の通り一般的なお葬式のことで、家族葬や社葬のように参列者を一定の近親者に限ったり、喪主を遺族以外の立場の人が務めることはありません。基本的に喪主は、故人の配偶者や子供、親が務め、参列者は親族を中心とした個人の近親者をはじめとして、友人、知人、会社関係者など幅広い立場の方が参列します。一般葬では故人と関係のあった全員が故人をお見送りすることができ、寂しさの中にもあたたかい雰囲気がある中で送り出すことができます。
一日葬
一日葬とは、通常2~3日かけて執り行なわれるお葬式の日程を一日に短縮して執り行なうお葬式です。一日でお葬式のすべてが完結するため、お葬式にかける手間や時間を少しでも削減し、喪主側のご負担も参列者のご負担も軽減することができます。また、短い時間でお葬式を行なうことによって、故人の死後の手続きや遺族の新しい生活をはやく始めることができます。ただし、お葬式の日程が一日に凝縮されることにより、その日の負担は増えるほか、都合がつかずお葬式に参列できない方が出てくることもあります。
火葬式
火葬とは、「直葬」ともよばれるお葬式の種類で、火葬のみで故人をお見送りするお葬式です。火葬の前にちょっとしたお祈りや儀式を行ない、お見送りすることもあります。喪主様によっては僧侶などの宗教者をお招きして読経などを行なったうえで火葬することもあります。火葬は、お葬式にあまり費用をかけないで済むことや、時間が短くて済むことなどから選ばれており、故人様の生前からのご希望により執り行なわれることもあります。
しんあい葬祭が提供する葬儀・葬式の基礎知識と事例
  • 火葬式とは火葬式とは

    火葬式とは、「直葬」ともよばれるお葬式の種類で、火葬のみで故人をお...

  • 直葬とは直葬とは

    直葬とは、火葬のみのお葬式で「火葬式」と内容は変わりません。直葬は...

  • 自宅葬 流れ自宅葬 流れ

    自宅葬は一般的に民間斎場や公営斎場で執り行なうお葬式を自宅で執り行...

  • 家族葬 マナー家族葬 マナー

    家族葬のマナーは一般的なお葬式と対して変わりませんが、特に大事なこ...

  • 一般葬とは一般葬とは

    一般葬とは、その名の通り一般的なお葬式のことで、家族葬や社葬のよう...

  • 家族葬とは家族葬とは

    家族葬とは、故人のご家族を中心にごく限られた身内だけで執り行なうお...

  • 枕飾り枕飾り

    枕飾りとは、通夜が始まるまでご遺体のそばにおいておく簡易な祭壇です...

  • 一般葬 流れ一般葬 流れ

    一般葬の流れは、お葬式の中で最も基本的な流れとなります。まず、一日...

  • 家族葬 流れ家族葬 流れ

    家族葬の流れは、通常のお葬式の流れと変わりはありません。一日目の昼...

家族葬、自宅葬、一般葬、一日葬、火葬式|しんあい葬祭

ページトップへ